2011年07月08日

興奮!イマジン七夕コンサート 終了

昨日7月7日のサントリーホールでの「イマジン七夕コンサート」、
ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました!(赤)!(赤)

なんともエキサイティングなコンサートで、スタッフも興奮冷めやらず。
ペルー、ジプシー、タンゴ、とそれぞれの良さがてんこ盛りで、夢のような一夜でしたハートルンルン♪
出演者の皆様も、素晴らしい演奏をしていただき、心から感謝です。

当日の模様を、良いところどりでご紹介させていただきます。
まずは、日本人で唯一、ペルー音楽のギター演奏をしている、笹久保伸さん。

共演は、ペルーダンス&素晴らしい歌を披露してくださったイルマ・オスノさん、ケーナとサンポーニャの達人 山下Topo洋平さん、青木大輔さん。
イルマさんの本番中に、そでからこっそりカメラ

つぎは、大大フィーバーだった、Geza&ザ・5デヴィルズ。
初来日の彼らの演奏を待ちに待っていた、というお客様も多かったのではないでしょうか?
リハ写真をご紹介。


ゲストのルイーザ・ゲルダウイさんも、素敵なジプシーダンスを披露してくださいました。
本番中、ルイーザさんと一緒に踊って会場を沸かせたダンスの達人の男性は、ヴィオラのラツィさん!(赤)↓↓

素敵なカメラ目線をありがとうございますバラ(ピンク2)バラ(赤2)バラ(オレンヂ2)

小松亮太&オルケスタ・ティピカのレポートは、また後日お届けいたします!(赤)

打ち上げの風景を少しご紹介。

左から、ゲザ、七夕公演プロデューサーのコンサートイマジン代表佐藤修悦、そして、プロモーション来日中のヴァイオリニスト ラチャ・アヴァネシアン、シャンティ。

最後は、ゲザもラチャもヴァイオリンを取り出し、シャンティが歌いハート×3(ピンク)
とてもとても素敵な打ち上げで締めくくり。



本当に素敵な夜でした!(赤)ルンルン♪ハート
お客様もご出演の皆様も、本当にありがとうございました。

By Pinokoキノコ
posted by コンサートイマジン at 22:57| Comment(0) | コンサート バックステージ中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

水谷川優子&山本貴志のデュオな一日

大変申し上げにくいのですが。。。今年はじめてブログを更新しますせんべいです。
きづけば7月、7か月も更新していないなんて自分で愕然としました・・・。ウェーン
いや、いろいろたてこんでおりまして・・・。というのは自分への甘えですね。。。。

これから頑張って書きたいと思います。

まずは、6月25日に紀尾井ホールで行われました、
チェロの水谷川優子とピアノ山本貴志のデュオリサイタル。

ショパンのチェロソナタとラフマニノフのチェロソナタが一日にして演奏される
すごい気迫のリサイタルでした。


リハーサルの時には私が山本さんの譜めくりをしていたのですが、
あれ。。ほとんど譜面を見ていない・・・ではないですか。ビックリ!
あんな大変なプログラムを暗譜しているとは!さすが山本さんです。

リハーサルはぎりぎりまで行われ、全く休憩をしないで
ひらすら弾き続ける二人を見ていると、二人で演奏するのが本当に楽しいのだなというのが
ひしひしと伝わってきました。

この日のプログラムは
ラフマニノフ:プレリュードOp.2-1
ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 Op.19
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
・・・・・・・・・・・・・・・・
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 Op.3
ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 Op.65

と、ラフマニノフとショパンの世界をたっぷり堪能できるものでした。





とにかく「清々しい」コンサートでした。

水谷川優子さんは、私が入社した時にはじめて担当させていただいたアーティストで
一緒にお仕事してからかれこれ7年くらいになりますが、
水谷川さんのチェロの音色は7年前から変わらず、元気をもらえる温かい愛に満ち溢れたものでした。
私は数年間担当をはなれておりまして、また今年から復帰したのですが、この数年間の水谷川さんは
すべてにおいてますますパワーアップしたような気がします。
山本さんのピアノもキラキラしていて、生命力が溢れていて本当に素晴らしかったです。
ベタなたとえですけど、ピアノが喜んでいるという印象を受けました。

次の日はさぞかし疲れてはてていらっしゃるのではと思いきや!
水谷川さんのブログによると、関西まで行っていたとのことで・・・
すごいバイタリティです。さる(おどろき)
http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/blog-entry-853.html

来年のこのコンビでのコンサートは、
ベートーヴェンチェロソナタ全曲演奏会を5月と秋に行う予定です。
その前には、今年の8月、フィンランド・ラウマ音楽祭に二人で出演します!
http://www.raumanfestivo.fi/index.php/festivo-2011
詳細決まり次第またアップします。お楽しみに!

senbei
posted by コンサートイマジン at 01:21| Comment(0) | コンサート バックステージ中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

山本貴志 木曽文化公園ホール公演!

おひさしぶりです。
ガチャピンさざえです。
涼しくなりましたね〜ルンルン♪

9月26日(日)、木曽文化公園ホールに山本貴志さんの公演で行って参りました。
こちらは、木曽音楽祭という長野の中でも35年も続いている音楽祭があり、
かなりの山の中だというのに、ピアノファンの皆様が老若男女問わずいらして下さいました。
そしてホールも素晴らしかった!!
これは筆舌に尽くしがたいものがあり、山本さんの音も素晴らしく響いておりました。
木と、水と、空気と、人の気持ち、全てが一体となっている場所でした。
あるんですね〜こういうホール。
是非、皆さんにも体感して頂きたいなと素直に思いましたヒヨコ(コロコロ)

ここはボランティアの方々の協力が大きな力となっているようで、
沢山の方がお手伝いにいらして頂きました!



館長さんもとても温かく気さくな方でした!



そして、最後に、このお二人を欠いては語れない
強い味方のお二人!!
小谷さんと原さん。
とても力強い二人でぐぐっときました。



皆さま、有難うございました!!
驚くのは、思っていたよりファミリー層が多かったこと!
皆さん終わった後、色々な質問が飛び交い
山本さんもサイン会にて沢山と質問にお返事していました。

山本さんも小さい頃はこんな風だったのでしょうか・・・
とても熱心で皆さん演奏の後は目がきらきらしていたのが
印象的でしたよ。聞きにいらして下さって本当に有難うございました。

毎度のことですが、長野県は山本貴志さんの出身地。
これからも大事にしたいと思った、ガチャピンさざえでしたトラ
posted by コンサートイマジン at 21:15| Comment(0) | コンサート バックステージ中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

七夕コンサート終了しました!

7月7日の七夕の日星(11)、毎年恒例のイマジン七夕コンサートが開催されました。星ルンルン♪

今年は 「イマジン七夕コンサート・スペシャル Imagine BIG-4」と題し、以下のようなラインナップで行いました。

山田武彦(ピアノ) ガーシュウィン:「ラプソディ・イン・ブルー」
須川展也(サクソフォン) 吉松隆:「サイバーバード協奏曲」
渡辺香津美(ギター) ロドリーゴ:「アランフェス協奏曲」
小松亮太(バンドネオン) ピアソラ:「バンドネオン協奏曲」
です。

指揮は齊藤一郎、管弦楽は東京都交響楽団の皆さん楽譜

従来の七夕コンサートはたーくさんの出演者が入れ替わり立ち替わり出てきて、様々な音楽を奏でる、という、まさに「ガラコンサート」、それに司会者が進行していましたが、今回はなんと男性出演者が中心で司会も無し。
(実はこのコンサート、社内では「男祭り」、という異名がありました。)

普段のオーケストラのコンサートでは絶対、と言っても良い程なプログラミング、この4曲がいっぺんに聴けるなんて、とてもラッキーなことなのです!
指揮の齊藤さんに後日談として聞いたことには、この指揮を依頼されたときは「嬉しかったけど、大変だ!と思った」とのこと・・。

この写真はリハーサル前の様子。指揮の齊藤が集中力を高めているところです。


今回はそれぞれの曲の楽器編成がかなり違うため、転換が大変!
ステマネの皆さんが、どのようにすれば一番効率よく、短時間で転換ができるか、ということを
考えて下さっていました。本当にありがとうございます。猫(おじぎ)犬(おじぎ)

さて、本番は・・

梅雨のさなかですが、お客様が来場される時間帯は運よく晴れていました。星×3(黄色)激しくキラキラ(黄色)

齊藤さんはそれぞれの曲のイメージを転換の間に整理し、それぞれのステージを全力で引っ張っていって下さいました。

各出演者も渾身の演奏を披露!

星(7) 山田さんは即興演奏も得意とするマルチなピアニスト!それだけにカデンツの部分でアドリブで童謡「七夕さま」のメロディが演奏されました!意外なことに会場もバックステージからも笑いが!一気に和んだ雰囲気になりました。まさに山田ワールド炸裂!星×3(水色)な20分間でした。

星(5)続いての須川さんは、準ソリストのピアノの小柳美奈子さん、パーカッションの山口多嘉子さんと共に登場。
一番編成が大きいこの曲では、パーカッションの種類も豊富!お客様からは「こんなにたくさんの種類が並ぶなんて」、というお声も聞かれました。情熱的な演奏に初めてこの曲を聴いた、というお客様からも絶賛の声が聞かれました。

星(3)続いては、あの渡辺香津美さんギターがアランフェスを!?と公演前から話題沸騰の一曲。渡辺さんは今年演奏家生活40周年、というまさに記念イヤー。
この曲の演奏は初、そして生のオーケストラとの演奏、ということで、半年以上前から並々ならぬ気合いを持って、挑んで下さったそうです。ジャズ・フュージョン界でのトップギタリストの一人としてギター界を牽引してきた渡辺さんが、新たな挑戦として挑んで下さる・・。私たちにとってもとても思い出深いステージとなりました。

星(9)さて、大トリは小松亮太さん。
先輩奏者たちが演奏し終わったその最後に登場するとあって、緊張感もひとしお!
曲がはじまった途端からテンション高く、まさに疾走するような躍動感で、今までの興奮もMAXに!ダッシュ
最終楽章が終わったときの高まりは、まさに祭りのクライマックスの打ち上げ花火のように感じました。打ち上げ花火(乱れ打ち)打ち上げ花火(多色)

鳴りやまぬ拍手に応え、最後のカーテンコールでは「BIG-4」が舞台上に勢ぞろい! 星(7)星(5)星(3)星(9) 

実はこの公演では、来場者の方の中から10名様にプレゼントがある、という告知をしていました。
その中身は今回のBIG-4+指揮者のサインが入った「サイン色紙」!(赤)
終演後に当選者が貼りだされると、当選者の方が嬉しそうに受付にいらしたのが印象的でした。


演奏会が終わったあとのお楽しみは打ち上げ!
楽しく宴が開かれました!

皆様、大変お疲れ様でした!!

また来年も七夕コンサートはサントリーホールで行われる予定です。
是非お楽しみに!

by 社員 ちゃ


posted by コンサートイマジン at 21:18| Comment(0) | コンサート バックステージ中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

京都はやはり素敵だ~~

はやーいもので、もう6月ですか・・・。
このあいだlive imageがはじまったきがしたのですが・・・。ビックリ!ビックリ!

後日こちらのレポートも書きたいと思います。

さて、今月の2大ニュース!
●シャンティのCDがついにリリースされます!6月23日ですよ!ショートムービーはこちらからご覧ください。
http://columbia.jp/shanti/
●もう一度お知らせしますが、つい数日前からはじめました、コンサートイマジン・公式ツイッター、よろしくお願いします。ハート(きいろ)2
https://twitter.com/concertimagine

フォローよろしくお願い致します猫(おじぎ)猫(おじぎ)猫(おじぎ)

さて、先月は小松亮太のコンサートで京都の金戒光明寺に行ってきました。
このお寺は浄土宗の大本山です。
映画「大奥」や「新極道の妻たち」のロケ現場としても有名です。



美しい光景に、一同感激一目ぼれ



しみじみと歩き回る小松さんとギターのブラーボさん。

今回は、啓明商事さんの上品展での演奏でした。
お声をかけていただけて、本当にありがたい限りです。



入り口は素敵な雰囲気で、夜の夜景の先には、京都の由緒あるお寺も沢山見えました。



音響は大丈夫かな、と心配でしたが、思った以上に素敵な温かい音を作ることができました。

お招きくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました!

by senbei


posted by コンサートイマジン at 21:05| Comment(0) | コンサート バックステージ中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする