2012年03月07日

“宇野功芳を熱狂させた男”佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル

宇野功芳企画 佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル ~ブルーノ・ワルター没後50年記念〜

指揮者・朝比奈隆、ピアニスト・エリック・ハイドシェックブームを作った火付け役である、音楽評論家・宇野功芳氏が次に一押しする、ヴァイオリニスト、佐藤久成(さとう ひさや)。

7月21日(土)東京文化会館小ホールにてリサイタルを開催します。

佐藤久成は東京芸大を卒業後、ザールラント音楽大学、ブリュッセル王立音楽院、ベルリン芸術大学で研鑽を積み、リッチ、ルガーノ、ルイス・シガル、ベオグラード、ヴィオッティ等国際コンクールで優勝、入賞をしています。
94年のベルリン交響楽団定期でソリストに抜擢され、
その後も欧州のオケやラジオに出演し、新聞紙上で絶賛されています。

また彼のライフワークのひとつが
世界各地での、絶版楽譜の収集、知られざる作曲家や忘れられた作品発掘、初演、録音。

彼の画期的なプログラミングには、今まで日の目を見ることのなかった
往年の知られざるヴィルトゥオーゾ作品やソナタの本邦初演が多数含まれています。

今回の7/21のリサイタルでは大指揮者ブルーノ・ワルターが残したヴァイオリンソナタをはじめ、
宇野功芳氏が「衝撃的な出会い」と語る、佐藤久成のヴァイオリンの魅力を
存分に堪能いただける、ヴァイオリン小品を集めました。

チケットの発売は明日、3月8日(木)10:00〜
コンサートイマジン03-3235-3777

お聴きのがしのないよう!要チェックお願いいたします。

ルンルン♪公演情報ルンルン♪
宇野功芳企画 佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル〜ブルーノ・ワルター没後50年記念
“功芳を熱狂させた男、佐藤久成(ひさや)”“この超個性が破格の感動を生む!”
音楽評論家・宇野功芳氏が絶賛する、ヴァイオリニスト佐藤久成。
2012年 7月 21日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:東京文化会館小ホール
出演:佐藤久成(ヴァイオリン)、小田裕之(ピアノ)
曲目
ワルター:ヴァイオリン・ソナタ イ長調(1908年作)
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24 「春」
ファリャ:スペイン舞曲
ドルドラ:想い出
マリー:金婚式
バッジーニ:妖精の踊り
ショパン:ノクターン嬰ハ短調(遺作)
プロコフィエフ:マーチ
マスネ:タイスの瞑想曲
モンティ:チャールダーシュ
※曲目は変更の可能性があります。あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

チケット◎
全席指定 S席¥5,000 A席¥4,000 学生席¥3,000(コンサートイマジンのみ扱い)
チケット発売日 2012年3月8日(木)
主催・問合せ先◎
コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp/concert/detail/215/
本人HP http://www.hisayasato.com/main.html

By.Mr.
posted by コンサートイマジン at 15:01| Comment(0) | 耳寄りコンサート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。