2011年04月23日

アレクセイ・ゴルラッチがカーネギーホールで大成功!


★カーネギーホールのポスターの前で!

アレクセイ・ゴルラッチから、4月14日にニューヨークのカーネギーホールで演奏し、大成功を得たという素晴らしいNewsが届きました。

アレクセイのカーネギーホール出演は、実は2回目。
最初は、2007年。
第6回浜松国際ピアノコンクールの優勝者としてでした。
その時のニューヨーク・タイムズに掲載された演奏評が、今でもこのサイトでご覧になれます。
http://www.nytimes.com/2007/04/06/arts/music/06gorl.html

そして今回は、AXA ダブリン国際コンクール(2009年)の優勝者として。

プログラムは、昨年の日本ツアーとほぼ同じ感じ

Beethoven:Sonata Op.110
Bartok:Our of Doors
  〜Intermission〜
Debussy:4 Preludes
Chopin:Barcarolle Op.60
    Mazurkas Op.67/2,4, Op.68/1,2
    Polonaise Op.53

5月には、ロンドンのウィグモアホール「デビュー」が決まっています!

アレクセイはウクライナ国籍。
幼いころに家族と共にドイツへ移り住んだものの、ご両親は長くキエフに住んでいました。
チェリノブイリ原発事故の時も・・・その距離70キロ。

そんな実体験からか、私たち日本人が置かれた状況を自分たちのことのように、心配してくれています。


★まだ23歳!

アレクセイの日本でのコンサートは、7月24日 東京オペラシティコンサートホール、25日サントリーホールで読売日本交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲2番を演奏。
指揮は、ワシリー・シナイスキー。

チケットはとても良く売れていて、残りわずかのよう!!!
読売日本交響楽団のサイト→http://yomikyo.or.jp/2010/09/201107241400.php
コンサートイマジンのサイト→http://www.concert.co.jp/cgi-bin/artist/index.cgi?no=75

海外アーティストのキャンセルが続いていますが、アレクセイ・ゴルラッチは、来日に迷いはなく、ラフマニノフを演奏するのを楽しみにしています。

そして、私たちは、ここ日本で首を長くして待っているところ!

By M.S.

posted by コンサートイマジン at 09:17| Comment(1) | 海外レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴルラッチ君ミュンヘン国際優勝されたのですね、入賞者コンサートがネット配信されていたのを知って見ました。 素晴らしかったです。
来年も来日されるということなので楽しみですが、関西方面にも来ていただけると嬉しいなぁと思っています(近畿在住なもので)。
Posted by ナル at 2011年09月18日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。